2012年夏節電関連のページ


2012年7月からの夏の節電は、
昨年とは違い、電気事業法27条による電力使用制限令に基づかない
経済産業省からの自主的節電の御願いに基づいています。★


2011年7月1日発動の電気事業法27条による電力使用制限令基づく強制節電は、
2011年9月2日までで終了しました。★


地域とともに未来をひらく東北電力
地域とともに未来をひらく東北電力
(外部リンク)

本日現在時々刻々5分毎に更新
東北電力でんき予報
東北電力でんき予報
(外部リンク)

政府の節電ポータルサイト
節電アクション 政府の節電ポータルサイト 節電.go.jp
節電.go.jp

(外部リンク)


以下、2011年度参考資料
医院案内ページに2011年7月1日より掲載し→7月12日更新した
□2011年夏の
   『節電行動計画』
 2011年7月1日発動の
 電気事業法27条による
 電力使用制限令に基づく
 当院の節電行動計画(当院ホームページで公表)
 東北電力管内:
 7月1日
〜9月9日(当初の予定)。

 政府は、節電強制期間を、
 電力事情改善に応じて、被災指定地では
 〜9月2日までと前倒しした(8月30日付)。

 平日午前9時から午後8時
 (当院は契約電力500kW未満の
 小口需要医療機関だが)

 塚本内科消化器科の節電行動計画(外部リンク→リンク切れ)
 「当院の節電行動計画(外部リンク→リンク切れ)

 参考

 経済産業省
 節電 ‐電力消費をおさえるには‐のページ(外部リンク)-

 政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp(外部リンク) 

 節電行動計画の検証
 11月20日に公表された「当院の夏期節電行動計画の
 達成認定
」ページのSAVEpdf書類



塚本内科消化器科の「節電行動計画」ページです
(2011年7月1日掲載→7月12日更新)


節電行動計画

事業者名 塚本内科消化器科
責任者名 管理者:医師塚本和彦

節電目標 東北電力管内の
一日内の電力需要ピーク時において、
医療機関は前年度比0%で良いが)
当院は、前年度比ピーク時20%位の節電を目指す。
節電実績
■基本アクションプラン
照明 (1)1F受付医事課事務室・処置室の照明を半分程度間引きする。
(2)使用していないエリア(1F診療部門の診療時間外)は消灯を
 徹底する。
4%
4%
空調 (3)1F診療部門、2F管理部門毎に適切な温度設定を行う。
(4)使用していないエリア(1F診療部門の診療時間外)は
 空調を停止する。
(5)日射を遮るために、ブラインド、ロールカーテンを活用する。
(6)換気扇の間欠運転により、外気導入による負荷を減らす。
1%
1%
1%
2%
OA機器 長時間離席する時は、OA機器の電源を切る。
PCについては、電源設定を省電力モードにし、
液晶ディスプレイの輝度を、眼にわるくない程度に低く設定する。
0.1%
自動販売機 飲料水自販機の稼働時間を、電源タイマーを使用して、
診療時間外は停止する。
2%
テレビ 待合室液晶テレビを46型から32型に小型化。
院長室液晶テレビを46型から15型に小型化。
0.3%

■メンテナンス及び日常の節電プラン
照明 従来型蛍光灯を高効率蛍光灯に交換
(照明電力量の約40%消費電力削減)。
管理部門では可能な限り天井照明を消灯し、
スポット照明を利用する。
1%
空調 フィルターを定期的に清掃する(2週間に1度以上の実施)。
1F搬入口(職員出入り口)の扉を必ず閉め、冷気放出を防止する。
1F玄関(患者さま出入り口)の自動ドアの開閉スピードを適切化する。
0.5%
コンセント
動力
2F管理部門・職員休憩室冷蔵庫の設定温度の見直しを行う。
1F処置室の電気式オートクレーブはなるべく使わず、
オートクレーブを必要としないディスポーザブル製品を使う。
温水洗浄便座の設定温度を下げ、エアタオルは弱風とする。
電気式給湯器のプラグをコンセントから抜く。
長時間使用していない機器(OA機器を除く)の電源プラグを抜く。
2%

■医療機関関係者への節電啓発プラン
節電啓発 節電目標と具体策について、職員全体に周知徹底し実施する。
節電担当者が職員と連携し、節電パトロールを定期的に実施する。
職員の服装を通気性の良い素材にして、クールビズ化を推進する。
医療機関職員に対して、家庭での節電の必要性・方法につき
情報提供する。
0.1%

■当院独自対策の節電プラン
照明 日射がない時(雨・曇り)は、
ブラインド、ロールカーテンを活用し自然光を取り入れる。
蛍光管は、高効率三波長昼光色の蛍光管とする。
医療の場であるため、診察室の照度は前年度と同じとする。
0.1%
空調 2F職員休憩室のエアコンは、例年は勤務時間中の連続運転
(設定温度24〜25度)であったが、
今回は25度設定で、朝着替え時・昼休憩時・帰宅着替え時のみ
の使用とする。
持参弁当は食中毒に配慮し、2F職員休憩室には置かず、
2F職員用食品冷蔵庫か空調の効いた受付医事課事務室にて
保管する。
医療の場であるため、
1F待合室の設定温度は例年通りとし、近隣住民の方の、
公開熱中症対策避難所ルームとしても活用する。
2F管理部門の院長室・仮眠室では、エアコンは冷房ではなく、
ドライ設定とする。
当院のエアコンは、ドライ設定では、ヒートポンプの定格が弱となり、
設定温度に達すると、送気ファンも止まる仕様での省電力型です。
1%
調理 管理部門でのポット湯沸かし・炊飯器使用は、
午後8時〜午前9時とする。
なお、休憩時間内(午後0時半〜2時)の
職員用電子レンジ使用は自由とする。
2%
外部照明 タイマーの設定時間を、当地の日の出・日の入り時刻を参考に、
こまめに設定する。
天候にも考慮し、手動での入り切りもこまめに行う。
景気対策を考慮し、内部・外部照明がくらくならないよう、配慮する。
1.5%
服装 職員の眼にも触れない施錠中の2F管理部門の院長室・仮眠室では、
診療時間外には、院長は綿ランニング・綿ブリーフの下着のみとし、
いわゆる超スーパークールビズで執務・仮眠をとる。
0.1%

・記載している節電効果は、敷地建物の消費電力に対する節電効果の想定割合の目安です。
・空調については電気式空調です。
・一定の条件の元での試算結果ですので、各々の利用状況により削減値は異なります。
・方策により効果が重複するものがあるため、単純に合計はできません。
・節電を意識しすぎるあまり、医療・安全及び管理上、不適切にならないよう注意しています。



(2011年11月21日)
節電達成証
経済産業省より、夏期の節電達成:「節電達成証」pdf書類認定pdf書類され、交付されました(目標20%のところ、当院は実績23%達成)。
(「節電達成証」の達成率は、個別の達成率でなく、経済産業省の当初目標15%に統一してあるので要注意)


政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp(外部リンク)に提出した
塚本内科消化器科の節電行動計画
当院の節電行動計画(外部リンク→リンク切れ)
(外部リンク=2011年7月13日塚本内科消化器科の内容更新分)
「当院の節電行動計画」ページのSAVEpdf書類=2011年9月23日付け)
「当院の節電行動計画の達成認定」ページのSAVEpdf書類=2011年11月20日付け)


ページビューランキングは、節電行動計画を見るページ(外部リンク→リンク切れ)でみられます。
「節電行動計画を見る」ページのSAVEpdf書類=2011年7月24日付け)


塚本内科消化器科の2012年夏の節電関連のページです



▲HOME